[PR] レンタルサーバー mini DIARY オーバーホールな日 忍者ブログ
MINI乗りの日記。。。音楽の日記。。。小さい日記。。。
お知らせ
【LIVE schedule】
~TRES~
『TRES at 音小屋』
日時:6月4日(日) 18:30open 19:00start
場所:神奈川横浜 音小屋
チャージ:1800円(1drink付)
出演(出演順):TRES/Boo-Bee Crunch!/Milk from nose/スナックニュー橘
音小屋

~TRES~
『Club Over Age』
日時:6月18日(日) 14:00open 14:30start
場所:東京池袋 FIELD
チャージ:2000円(+1drinkオーダー)
出演(出演順):Guard Position/MAFF/TRES/マサオバンド
FIELD

~TRES~
『TRES at DOORS in HEAVEN』
日時:7月1日(土) 詳細未定
場所:大阪大阪 DOORS in HEAVEN
チャージ:未定
出演:TRES/他
DOORS in HEAVEN

~TRES~
『TRES at ウーララ』
日時:7月2日(日) 18:30open 19:00start
場所:京都京都 ウーララ
チャージ:前売1400円/当日1800円(共に+1drinkオーダー)
出演:コーミッツ/TRES/他
ウーララ

~弾き語り~
『弾き語り at なんや』
日時:7月9日(日) 18:00open 18:30start
場所:愛知名古屋 なんや
チャージ:1000円(飲食別)
出演:ギアマス/ひーさ
なんや

~弾き語り~
『弾き語り at Blues'Bar SHINE』
日時:7月16日(日) 詳細未定
場所:静岡島田 Blues'Bar SHINE
チャージ:未定
出演:ひーさ/他
Blues'Bar SHINE


【毎月恒例】
毎月第一水曜日…小田原 George's Caffe
『はっとのオープンマイク』
毎月第二水曜日…茅ヶ崎 Sindy & Mimiy
『はっとのオープンマイク』
はっとのブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ひーさ
HP:
職業:
しがないサラリーマン
趣味:
唄歌い,MINI
ブログ内検索
最新コメント
[09/18 ひーさ]
[09/17 八木下巌]
[07/03 national]
[01/09 F-Geno]
[06/14 入鹿(iruca)]
バーコード
[427]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416
先日の日記にも書きましたキャリパーからのフルード漏れ。
このままではイカンので、オーバーホールのため、ケントへ行きました。
走っている最中は漏れてこないのか、ケントに着いてから診てもらっても異常はない状態。正直、この状態ではバラして良いものか迷ってしまうとこなのですが、さすがに8年間オーバーホール無しってのも精神衛生上良くないってもんですから、これを機にオーバーホールです。
で、バラしてみたら、やはり各シールゴムがくたびれてまして。今回、フルードが漏れていたのは、推測するに『シールゴムがくたびれていて、柔軟性が無くペッタンこになっている状態で、気温の寒暖差による部品の縮小膨張について行けなくて漏れたのではないか』って事です。だから走っている最中は暖まっているんで(部品が膨張している)漏れてこず、寒い日の夜から朝にかけて漏れるのではないかと。
って事で、バラして正解でした。

ひさMINIくんはケントに預けとなり、代車のMOVEくんを借りました。
こいつはターボを積んでいるんでかなりやんちゃです。ってか、車体が軽いのにエンジンはブン回るから、ロケット発進ロケット加速ですよ!正直。。。危ないです(;^^)
おまけにエンジンは回るくせに足回りはヤワでステアリングは軽いんだもん。ホントに危ないって(笑)
でも、上り坂もスイスイなんで楽チン。たまに現代車に乗ると『へぇ~』ってなります。

そんなMOVEくんと次に訪れたのは、G'sでもお世話になっている、松本さんが営んでおります、ギターリペアショップ『バナナムーン』です。
バンドでメインとして使っているLes Paul Standardのフレットがくたびれてきているのと、4弦開放にビビリが見られるので診てもらう事に。
到着してすぐに診てもらうと、松本さんが「ひーさ、持ってくるのが遅い」と。かなりフレットが減っているようです。ここまで弾き倒したギターって自分でも初めてだから、どの段階でフレット擦り合わせ/交換をして良いのか分からないんですよね。この言葉を聞いて「え゛、って事は、フレット交換ですか?」と最悪の事態を考えたら「いや、まだ擦り合わせでどうにか救えるね」と。良かったです。擦り合わせと交換では、時間も金額も倍以上違ってきますから。んで、松本さんが「よし、じゃあ始めるか」って。思わず「はい?預けになるんじゃないの?」って聞いたら「今日、時間は平気でしょ?だったら今やってやるよ」と作業に取り掛かってくれました。バナナムーンは超多忙な工房ですから(松本さん独りで全国からのギターを請け負っているんだもん)少なくとも一週間は預けないとって思っていたのですが、驚きました。
で、さらに作業の速さと的確さに、これまた驚きでした。

今回の作業内容としては、フレット摺り合せ → ナット調整 → ブリッジ調整というメニューです。
ここで、自分のブリッジに付いているABR-1がナッシュビルのアンカーを使って取り付けてあり、さらにスタッドを曲げて使っている事を言ったんです。邪道な使い方にダメだし喰らうのかと思ったら「なんか問題はある?」と聞いて来たので「これ以上弦高が下げられないってのが問題ですね。でも、この高さで良いから平気っちゃ平気ですけど。」と言ったら「じゃ、これで良い。」って。思いっきり拍子抜けしちゃいました(;^^)
「いや、埋め木してもらってスタッド打ち直してもらおうかと思ったのですが」と伝えたら「いや、これで良し」と。
何で埋め木をしないのかと言うと『ボディの材と埋め木の材の硬度が合っていないとブリッジが倒れるから』だそうです。

・ボディ材硬度 > 埋め木硬度…スタッドが倒れてしまう
・ボディ材硬度 < 埋め木硬度…ボディ材をえぐって、埋め木ごとブリッジが倒れる

もちろん、やってから直ぐに症状が出るのではなく、長年使っていると起こりうる事らしいです。「ま、本当にそうしたいなら、もっと良いギターを買う事だね(笑)」だそうです(;^^)

パパッと3時間くらいで終わらせた作業は(雑談しながらやっていたので、本当は2時間くらい)見違えるほどの音を出すギターになっちゃいました(驚)
とにかく抜けるようになりましたね。フロント使った時の今までのモコモコ感はなんだったんでしょうって位にすっきりしました。

画像は。。。左:施工前 右:施行後
464a0ee9.jpeg




kent garage → ここをクリック!
バナナムーン → ここをクリック!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]