[PR] レンタルサーバー mini DIARY ES-335を弄る 忍者ブログ
MINI乗りの日記。。。音楽の日記。。。小さい日記。。。
お知らせ
【LIVE schedule】
~TRES~
『ジーズキャフェ15年祭』
日時:9月24日(月・祝) 12:00~19:30
場所:神奈川小田原 巨欅の居 岩瀬邸
チャージ:5000円(ライブチャージ&飲み放題込み)
出演:ゲストミュージシャン多数/地元ミュージシャン多数
詳細はこちら

~TRES~
『終わりなき一瞬のできごと Vol.37』
日時:9月29日(土) 18:30op 19:00st
場所:京都西院 ウーララ
チャージ:前売1500円/当日1900円(共に+1drink)
出演:晴天虚空蔵/福岡英巳/MARUHIRODRIVE/TRES
ウーララ

~TRES~
『TRES at M'AXA』
日時:9月30日(日) 17:30op 18:30st
場所:三重松阪 M'AXA
チャージ:1000円(+1drink)
出演:rem/中川幸二/TRES/他
M'AXA

~TRES~
『TRES at 音小屋』
日時:10月6日(土) 18:20op 18:35st
場所:神奈川横浜 音小屋
チャージ:1800円(1drink付)
出演:TRES/CLUB BEGGAR/Embrasse/黄金町ガラム/Band sound spremacyrem
音小屋

~弾き語り&TRES~
『第12回 小田原城ミュージックストリート』
日時:10月7日(日)11:00~
場所:神奈川小田原市内特設ステージ
チャージ:No Charge(小田原で買い物してね)
詳細はミュージックストリートblogをご確認ください
ミュージックストリート

~TRES~
『上空の中村 昼も夜も』
日時:10月20日(土)
場所:静岡浜松 KIRCHHERR
昼の部:13:00op 13:30st
夜の部:18:00op 18:30st
チャージ:昼のみ 1500円、夜のみ 1500円、一日通し 2500円(共に+1d)
昼の部出演:曲がる/だあこえたかぼう/大ち(真っ赤な瞬間)/日南
夜の部出演:バミリ/Nowhere-s LINE/世田谷ブンブンズ/TRES
KIRCHHERR

~TRES~
『第26回 JAPAN MINI DAY in 浜名湖』
日時:11月4日(日) 9:00~16:00
場所:静岡浜松 渚園
入場料:前売2500円/当日3500円
MINIのイベント内での出演です。
Japan MINI DAY Facebook

~TRES~
『Soul & Blues night』
日時:11月25日(日) 18:00op 19:00st
場所:鳥取鳥取 After Hours
チャージ:1500円(1drink付)
出演:ゴールデンアワー/マッチボックス/TRES/他
After Hours

~弾き語り~
『花田裕之 島田流れ ~前座~』
日時:12月1日(土)詳細未定
場所:静岡島田 Blues' bar SHINE
チャージ:未定
出演:花田裕之/浪漫的快音兄弟 O.A.ひーさ
花田裕之
Big Moon Cafe


【毎月恒例】
毎月第一水曜日…小田原 George's Caffe
『はっとのオープンマイク』
毎月第二水曜日…茅ヶ崎 Sindy & Mimiy
『はっとのオープンマイク』
はっとのブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
プロフィール
HN:
ひーさ
HP:
職業:
しがないサラリーマン
趣味:
唄歌い,MINI
ブログ内検索
最新コメント
[09/21 カルティエ ライター スーパーコピー]
[09/04 みわ]
[07/26 ひーさ@管理人]
[07/19 Mark ハセガワ]
[09/18 ひーさ]
バーコード
[514]  [513]  [512]  [511]  [510]  [509]  [508]  [507]  [506]  [505]  [504
さてさて、お待たせしました。



え!?



誰も待ってねぇよって?



まぁまぁまぁ



って事で、ES-335に手を染めました。



患者さん、いらっしゃ~い!
4b3e4619.jpeg










オイラの元に来たばっかりに、いきなり傷物になってしまうなんて。。。ラッキーね(笑)

ただねぇ、箱物ギターって、バラすの大変。組むのはさらに大変ってヤツで。

ま、作業作業=3=3

今回のメニューはフルコースでございます。
ピックアップ交換、配線交換、コンデンサ交換、ポット交換と電気系統は全て交換予定でございます。
まずは配線を取り出すのですが、これが大変でして、fホールから取り出そうかと思ったら、fホールから出やしない(;--)
こうなると仕方ないので、リアピックアップのザグリ部分から引っ張り出します。ES-335は、60年代からリアピックアップのセンターブロック一部がばっくりと開いているんですが、これがちゃんと再現されていました。ちなみに、50年代のモノは、ビッチリ塞がっている状態です。

1d7dc7b4.jpeg







こんな感じになるんですが、ボリューム/トーンの穴から出ている紐は、あとで組み直す時にポットをつけて引っ張ってくる為のものです。裏が開くわけではないし、手も入らないのでガイドが必要って訳です。
しかし、驚くことに、Gibsonはちゃんと1芯シールド線で配線しているんですね。これはこれで悪くは無いんです。でも、オイラは変えちゃうのさぁ~(笑)


配線交換の前に、ペグなどのネジ部分を増し締めしたのですが、なんとも1弦と6弦のペグのネジがガバガバなんです。なので、楊枝で穴埋めして穴あけ直ししました。

ES-335_03.jpg






ES-335_04.jpg






ちなみに、Gibsonが使っているペグって、どこ産か知っていますか?
このES-335についているのはクルーソンタイプペグです。
ES-335_05.jpg






Gibson Deluxeとなっていますよねぇ。
でも、裏には。。。
ES-335_06.jpg






じゃぱ~んってね。
ゴトー製なんですよ~。

閑話休題

ピックアップもおっ外して、ドンガラ状態の335。
ES-335_07.jpg






何気に、気持ちばかのディープジョイント。
この個体はメンフィス・カスタムショップ製ですので気持ちばかですが、ナッシュビル・カスタムショップ製(いわゆるヒストリック)はもっと幅が広くなっているようです。

フロントピックアップ・ザグリ
ES-335_08.jpg







リアピックアップ・ザグリ
ES-335_09.jpg






大きくセンターブロックが開口されています。そしてスラブボード(スノコ状の板)が見えています。このスラブボードの上にセンターブロックが乗り、トップ板とバック板を繋いでいるんですね。


今回、335に奢るピックアップです。
ES-335_11.jpg






英国製Bare Knuckle The Muleです。
良いピックアップは無いかのと探していたら、ジュンさんのブログにたどり着き、このピックアップが格安でご提供となっていたので購入しました。

ジュンさんのブログ → ここをクリック!

このピックアップはリバース・ゼブラです。
ES-335_12.jpg






でも、ピックアップ・カバーがあるって事は~

じゃん!
ES-335_13.jpg






ES-335_14.jpg






自分だけが知る、ひ・み・つ(はぁと)

でも、流石は英国製。ピックアップカバーが微妙にハマりづらい。どうしても水平にならず、ナナメります。ま、英国製ですから、勘弁しましょう(Miniで散々味わっていますから・笑)

配線材は前回のLes Paulの時にも使った、Western Electricの50年代の単線です。前のと同様に、ブラックエナメル→絹→布巻きとなっています。
ES-335_15.jpg






実は、Lenzの撚り線と迷ったんですよ。
配線が完了してボディ内に突っ込むことを考えたら、絶対に撚り線の方が安全だと思うんです。
でも、なぜか単線を選択。ま、前回使ったことで、どんな音が出るか分かっているんでね。

どうやって配線するかは、standardの交換記事を見てくだされ。

コンデンサはNii(関西二井製作所(現ニチコン))のコンデンサです。
ES-335_16.jpg






ビタQっぽい音にキラキラとした艶がのるので気に入ってます。

ポットも総取っ替えです。
ES-335_17.jpg






Gibson純正は。。。

ボリューム:300kΩ Bカーブ
トーン:500kΩ Aカーブ

となっているんです。そこを。。。

ボリューム:500kΩ Bカーブ
トーン:500kΩ Aカーブ

とします。若干ハイが出る方向に持って行きます。
カーブは変えずです。ボリュームにAカーブって、オイラは使い辛く感じるんで。
トーンまで交換したのは、回転トルクを合わせたいからです。

さてさて、そんな部品達を繋げ合わせたのがコチラ!
ES-335_18.jpg






ES-335_19.jpg






ES-335_20.jpg






コピー用紙でもなんでも良いので、穴の位置を写し取って、それをダンボールに写し、穴を開けて、そこで配線作業を行います。

で、この状態で配線されたのを、ボディ内に突っ込むんですが。。。悪戦苦闘すること1時間以上(泣)
入れるだけで知恵の輪状態なのに、穴から通していた紐が絡まってしまうし。。。そんなこんなで、ここから先は画像なんて撮っていません。

そんなことすっかり忘れてしまう程の作業でしたよ。

でね、配線を突っ込んでからあることに気がついたんです。
上のピックアップを配線した画像を見て気がついた方は、ツウな方です。

それは。。。

ピックアップ配線材にチューブを被せ忘れてしまったんです!(爆)
このままではピックアップセレクターに配線材が触れたら音が出なくなってしまうって訳で。。。

考え抜いて思いついたのが『スパイラルチューブを突っ込む』って事。
線材をまとめる時に使うスパイラルチューブで絶縁しましょって事です。
どうにかこれがうまくいって、完成となりました。


正直、音が鳴らない限り、もうバラさん!



教訓
『箱物の電気系チューンナップは金貰ってもやらん!』


あ、5万くれたらやっても良いかも(笑)





で、実は、一番上の『患者さん、いらっしゃ~い』画像


あれ


完成後の画像なんです(笑)


参考HP
宮田工房 → ここをクリック!
バナナムーン → ここをクリック!
Route335 →  ここをクリック!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんわ。
なんと豪華な仕様…惚れ惚れしますね。
ブラックエナメル・・・惹かれます。^^
そういえばすこぶる評価の良い60年初期PAFや62~63’s初期ナンバードはブラックエナメルだったみたいですね。
ジュン 2010/09/25(Sat)19:43:01 編集
呆れます
自分でも(笑)

ブラックエナメルは、standardで使ってハマりました☆
Mid~Hiの出かたが申し分ないです。Lowが引き締まるので、若干物足りなさがありますが、そこはアンプでカバーって感じです。

The Mule。
セミアコで使うとぶっとい音を吐き出します!
トムおじさんピックアップのH453に近い音を出してますね。
ソリッドギターで使うとまた違った音を吐き出すのでしょうが。
ひーさ 2010/09/26(Sun)02:18:10 編集
無題
富む家H453と同じアルニコ4ですからね。^^
ハイの出はベアに軍配が上がると思ってます。あ、PUカバーの件ですがカバー裏のテープを剥がして搭載すると水平になるかもです。
テープが一部重なっててそれが傾く原因かもしれないので…。
ジュン 2010/09/26(Sun)21:55:46 編集
裏技
>テープが一部重なっててそれが傾く原因かもしれないので…。
そこまで見なかった○| ̄|_
今度暇な時にでも見てみます。

自分のstandardにH453が載っているんですが(10年前に買ったので、今みたいな法外な値段ではなかったですが。。。っても、当時でも周りのピックアップに比べれば法外でしたが・笑)「似てるなぁ」って印象を持ったので。
でも、こういった『PAF系』って言われるピックアップを使うと、プレイの粗が目立つので苦笑いの連続です。
ひーさ 2010/09/27(Mon)02:28:11 編集
ES335
バイオリン作りの職人に修復技術を教えて頂きました。これは、私流です、内部配線はハイエンド.オーディオで使われているCARDAS、HEXLINK GOLDEN 5-C(リッツ線構造に外装付き)に錫メッキメッシュ線をかぶせて自作します。芯線の断面積に対してメッシュ線の断面積が大き過ぎなのです。両方をほぼ同じにすると、情報量がダントツに向上し、底力、馬力、トルク、重心が下がり、繊細な音まででるようになります。小さな音でも遠くまで届き、セミアコが良くできた大きなボディーのフルアコの様に聞こえます。
Mark ハセガワ 2017/07/19(Wed)16:40:34 編集
Re:ES335
ググってみましたが、なかなか手の込んだハイエンド線材ですねΣ(゚Д゚)

僕のは今、335を買い直したのですが、中はボロボロだったのでLindy FralinのGibsonスタイルの網線で組み上げました。
ひーさ@管理人 2017/07/26(Wed)09:42:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]