[PR] レンタルサーバー mini DIARY 夏休み自由研究…提出編 忍者ブログ
MINI乗りの日記。。。音楽の日記。。。小さい日記。。。
お知らせ
【LIVE schedule】
~TRES~
『勝手にかっぱ祭り』
日時:7月29日(土) 16:00くらいから
場所:茨城牛久 LiveSpace Roots
チャージ:マスターの気分次第(飲食別)
出演:TRES/他
Roots

~弾き語り~
『弾き語り at アルマナックハウス』
日時:8月6日(日) 19:00op 19:30st
場所:千葉市川 アルマナックハウス
チャージ:1200円(飲食別)
出演:トミヤス/木村金太/sunny/ひーさ
アルマナックハウス

~TRES~
『Saturday Night Shuffle』
日時:8月12日(土) 18:00op 19:00st
場所:静岡静岡 Livehouse UHU
チャージ:1620円(飲食別)
出演:大川美香/Ohh! La La/BEATSEEKER/TRES/他
UHU

~弾き語り~
『花田裕之 前座』
日時:8月27日(日) 18:30op 19:30st
場所:神奈川小田原鴨宮 ジーズキャフェ
チャージ:3000円(飲食別)
出演:花田裕之 O.A.ひーさ
花田裕之
ジーズキャフェ

~弾き語り~
『第2回 湘南音楽フェスタ』
日時:9月3日(日) 16:30op 17:00st
場所:神奈川藤沢 新堀ライブ館3F 楽友ホール
チャージ:2000円
出演:砂金聖/純国産ボイス(いいやつら)/小林夕夏/Gomen's×Suman's/はっと/てつろう/ひーさ
湘南音楽フェスタ


【毎月恒例】
毎月第一水曜日…小田原 George's Caffe
『はっとのオープンマイク』
毎月第二水曜日…茅ヶ崎 Sindy & Mimiy
『はっとのオープンマイク』
はっとのブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ひーさ
HP:
職業:
しがないサラリーマン
趣味:
唄歌い,MINI
ブログ内検索
最新コメント
[07/26 ひーさ@管理人]
[07/19 Mark ハセガワ]
[09/18 ひーさ]
[09/17 八木下巌]
[07/03 national]
バーコード
[513]  [512]  [511]  [510]  [509]  [508]  [507]  [506]  [505]  [504]  [503
コンデンサの比較をするには、まずコンデンサを揃える事と、どうやって交換作業を簡略化するかが必要になってきます。コンデンサを揃えるのは当たり前の事ですが、どれを揃えるかはその人のセンス次第ってことで(笑)
交換作業の簡略化は考えないといけません。スタジオにハンダこて持って入るわけにもいかないですから(笑)
そこで、オイラがやったのが、ワニ口クリップを使っての交換です。
5c903974.jpeg






cf045e09.jpeg






電線は日立の非鉛耐熱PVCワイヤ 20AWGです。線による音への影響を指摘する方も居ると思いますが、あくまで各コンデンサの相対評価であるので、影響があっても関係無しって事で。

んで、揃えたコンデンサはこちら。
d6e77387.jpeg






もう一つ気にしないといけない事があります。
それは『実際の静電容量値を把握すること』です。
ヴィンテージコンデンサを購入して取り付けて「さすがヴィンテージ。音が抜けるぜ!」なんて言う方がいますが、そのコンデンサの静電容量は本当に表記通りの値ですかぁ?40~50年前のコンデンサは製造自体にムラがあり、許容誤差表記なんて有って無いようなもの。平気で値が外れてます。それに経年劣化で容量抜けをおこしているのも当たり前のようにあります。なので、一個一個現在の状態を把握し聴き比べないと、全く意味の無い事になってしまいます。
ってことで、一個一個容量を測りました。

これをとっかえひっかえして、確認しましたよ。スタジオ3時間借りきって(笑)
正直、やり始めは音の違いが分からなかったのですが、30分もしないうちに耳が慣れて、違いがハッキリと分かる様になりました。

ではでは、レポートの提出~

※注意※
ここから先はあくまでひーさ個人の感想です。音を言葉で表現するのは個人個人によって違いますし、使っているギターによっても変わってきます(木材や配線材、ピックアップなどなど)。なので、ここから先は話半分、おバカな目で見てさらりと流して下さい。もちろん、あなたのギターのグレードアップに役立ててもらっても構いませんが、変な方向に行っても責任は持ちませんので、そこんとこヨロシク!


・コンデンサ無し
cf045e09.jpeg






スルー状態です。結構高域が出てキンキンしてます。”抜けが一番”って考えている人はこの状態が一番でしょう。ただしToneコントロールは効きません(当たり前だ)

・純正で付いてきたセラコン
0.022μF 2個 (実測値:0.0166μFと0.0185μF)
9aedb0ec.jpeg






スルー状態の痛い高域が取れますが、一緒に倍音も削っているようで、なんだか薄っぺらい音になりました。Toneを絞ると高域が一気に無くなります。

・Sprague Bumble Bee
0.022μF/600V N.O.S. (実測値:0.0283μF)
6ed5bc96.jpeg






言わずもがななBumble Beeです。
このBumble Beeは、Gibson社が1956~60年に使用していたコンデンサで、かの有名な59年Les Paulにも使用されていた事で(耐圧400Vを使っていた)今ではコンデンサとしては信じられない金額でやり取りされています。
音は「さすが」と言える音を叩き出します。全音域を綺麗に吐き出します。Toneを絞っても高域を残しながら変化していきます。Gibson社がグレイ・タイガーの次にこれを採用したのがうなずけます。

・Sprague Bumble Bee
0.01μF/400V (実測値:0.0376μF)
1bd1bc98.jpeg






0.01μFなのですが、経年劣化で実測値が0.0376μFになっているBumble Beeです。ただ、一つのテスタで測ったらオープンなってしまい、もう一つのテスタで上記の値が出てきたので、怪しいっちゃ怪しいのですが(爆)
でも、音はちゃんと出ますし、Toneもちゃんと変化しますよ。ま、腐ってもBumble Beeって事でしょうか(笑)
音は、上の0.022μFと同じです。耐圧によるに違いを把握したかったのですが、如何せんいわく付きなので、何とも言えずです。

・Sprague Black Beauty 4TM-S22
ポリエステルフイルム/クラフトペーパー w/HCX
0.022μF/400V (実測値:0.0285μFと0.031μF)
c247924e.jpeg






Gibson社が60年代、Bumble Beeの後に使っていたコンデンサですね。
中域の張り出しが強いです。ブーブーした感じがあります。まさしく、Les Paul Customって感じです。高域も出てはいるのですが、中域の張り出しが強いのであまり感じられず。良いコンデンサですが、オイラ好みではありません。でも、実測値0.02以下の個体なら良いかも。

・Sprague 157P
0.022μF/100V (実測値:0.0234μF)
08-157P.jpg






ドンシャリな音を吐き出します。Toneを絞っていっても高域を残して絞れます。

・Cornell Dublier Black Cat PKM6S22
ポリエステルフイルム/クラフトペーパー
0.022μF/600V (実測値:0.0393μF)
2e6b4f32.jpeg






Sprague Black Beautyを荒々しくした感じ。やはり中域の張り出しが強いです(静電容量値がちょっと大きいから、それが影響しているか?)。Black Beautyの代わりとして使うのが良いかも。

・Cornell Dublier PM GREENIE PM4S22
ポリエステルフイルム
0.022μF/400V (実測値:0.0226μF)
10-Greenie.jpg






Sprague 157Pのドンシャリ感をさらにドンシャリにした感じ(笑)
暴れてます。高域はキンキンしてますが、嫌なキンキンではないです。ソロを弾いて音を遠くまで飛ばしたい人は使ってみては。

・Sprague Orange Drop 716P
ポリプロピレンフィルム
0.022μF/600V 2個 (実測値:0.0223μFと0.0227μF)
11-716P.jpg







・Sprague Orange Drop 418P
ポリエステルフィルム
0.02μF/600V 2個 (実測値:2個とも0.0215μF)
12-418P.jpg






巷で有名なorange dropです。「コンデンサのリプレイスメントはこれから」などと言われています。でも、オイラには”?”です。低中域がボーボー鳴ってて『鼻づまりですか?』って言いたくなっちゃいます。あ、でも、ハムバッカーでこれですから、シングルコイルのピックアップならちょうど良い感じになるかもしれませんが。。。誰かハムとシングルの違いを試して下さい(笑)
ちなみに、specialに奢っていた時も、リアで弾いているのに『あれ?フロントで弾いてる?』って勘違いしている時が多々ありましたから。Toneを絞るとトタンに高域が無くなります。

・Sprague Vitamin-Q 196P
0.022μF/200V (実測値:0.021μF)
65179879.jpeg






ハーチメックタイプコンデンサです。中にオイルが封入されています。そのオイルの名前がVitamin-Qって言うオイルなんです。今で言うコエンザイムQ10と同じだとか(噂です)。
音は全体的にまろやかって感じです。中高域の張り出しがあり、良い感じです。低域が丸くなりますが(低域だけにワウをちょっと掛けた感じ)この丸さが癖になりそう(笑)

・東一 Vitamin-Q
0.022μF/630V (実測値:0.0216μF)
5eede7c9.jpeg






日本のTOICHI TONE FACTORYが出しているビタQ。Spragueと遜色無い音を吐き出します。若干Hi-Fiな感じはありますが、コストパフォーマンス考えたら十分です。オイラはorange dropよりもこちらを。「コンデンサのリプレイスメントはこれから」と薦めますね。

Nii(関西二井製作所(現ニチコン)) プロリペアマンさんからのコメントで、NCCであるそうです。 CP-A 錫箔巻
0.02μF/600V 2個(実測値:0.0208μFと0.0216μF)
15-NCC.jpg






60年代の錫箔のコンデンサらしいです。”らしい”って言うは。。。どこを調べてもこいつの詳細が見つからないから!(爆)
ま、売っているとこが「錫箔じゃ」と言っているので、信じるしかないかなと。
音は、ビタQにキラキラ感を足した感じです。Hi-Fiではなくキラキラ感です(笑)
このキラキラ感が中高域の伸びを手助けしているように感じられました。

・PHILCO PaperWaxmold
0.02μF/600V 2個 (実測値:0.0365μFと0.0394μF)
16-PHILCO.jpg






ワックスモールドのコンデンサです。ワックスモールドと言えば、Gibson社が50年代に使っていたグレイ・タイガーが有名ですね。このPHILCOのワックスモールドも50年代のものであります。
音は、低域の張り出しが凄いです。こもった低域ではなくパンチのある低域なので非常に魅力的な低域なんです。でも、低域だけなんです。高域が無いんです(笑)
これで高域がバシッと出ていたら言うこと無しなんだけど。グレイ・タイガーもこんな感じなのかなぁ?メイプルトップにP-90だったらもっと高域成分が出るとか?それとも実測値0.02以下の個体だったらいい感じ?

・日立 ポリプロピレンコンデンサ
0.022μF/630V 2個 (実測値:2個とも0.0227μF)
17-HITACHI.jpg






さすがは現代のコンデンサ。容量誤差なんてありゃしない(笑)
何気に巷で高評価の日立 ポリプロピレンコンデンサ。悪くないですが、オールドな音を目指すのには向きませんね。全体にガッツがあります。全音域にガツンとパンチが乗る感じです。ガンガン来ます。パンクやメタルに向いているかも。アクティブピックアップにコイツを使うと面白いかもね。



総括
やはりコンデンサで音は変わります。しかし、ガラッと変わるのではなく、でも、微妙に変わるのでもなく、料理で言うところの塩加減ってヤツでしょうか。微妙なとこなんだけど、塩加減で全体の方向が変わってくる。みたいな。
あと、ボリューム・トーンフルテンでも音は変わりますよ!巷ではフルテンでは変わらないって言う方もいられますが、明らかに変わります。やはり電気回路の一部ですから、変わって当たり前なんです。

で、オイラのお気に入りのコンデンサはと言いますと。。。

・Sprague Bumble Bee
・Nii(関西二井製作所(現ニチコン)) CP-A 錫箔巻
・Sprague Vitamin-Q
・東一 Vitamin-Q
・Sprague 157P
・日立 ポリプロピレンコンデンサ

でした。


※注意※
あくまでひーさ個人の感想です。音を言葉で表現するのは個人個人によって違いますし、使っているギターによっても変わってきます(木材や配線材、ピックアップなどなど)。なので話半分、おバカな目で見てさらりと流して下さい。もちろん、あなたのギターのグレードアップに役立ててもらっても構いませんが、変な方向に行っても責任は持ちませんので、そこんとこヨロシク!



参考HP
宮田工房 → ここをクリック!
Hideboo's LABO → ここをクリック!
TOTAL Guitar → ここをクリック!
fat-guitar → ここをクリック!
パンテック・エレクトロニクス → ここをクリック!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
同感ですね♪
はじめまして。楽しく拝見しております。コンデンサーは奥が深いですね~ 足を突っ込むと、もう泥沼の世界ですが経験からある程度の結論が見えてきた様な気もします。私もNii(関西二井製作所(現ニチコン)) CP-A 錫箔巻を使っておりますが・・・これはNCC製で現ニチコンとは別です。
NCCの方が古いです、確か1960年代でしょう。
実は私は、このコンデンサーをシングルコイルのストラトやテレにマウントしてます。トーンを
絞っても音量が下がらないし音痩せもしません。
ただしオールドの雰囲気は無くなりますので
KCKの0.1か0.05μFのコンデンサーも付けて
on/onミニSWで切り替えて使用してますがこれがフェンダーにはベスト(好みはありますが)
NCCは素晴らしいコンデンサーのひとつですね。

プロリペアマン 2011/06/09(Thu)00:24:51 編集
ありがとうございます。
やはりコイツはNCCでしたか。
はじめはNCCって書いていたのですが、調べていくうちに訳分からなくなり、たどり着いた答えがNiiだったみたいな(笑)
でも、ある程度の素性が分かったので、ありがとうございます。
で、自分もこのコンデンサは好きですね。ES-335にマウントしています。
正直、ES-335だと二度と配線は出したくないので、マウントしようか迷ったのですが、使ってナンボだと思い使った次第です(笑)
でも、マウントして正解でした☆
ひーさ 2011/06/09(Thu)01:32:09 編集
追伸
NCCは…日本ケミカルうんたらかんたら 
という会社で、これは水にも非常に強く
しっかりした質量から良質コンデンサー
の証拠ですね。

私は'60年Gibson「PAF」をコンデンサー
を4発マウントしたギターを鳴らして遊ん
でます^^ 
①NCC グレービューテイー(キラキラ)
②松尾製グリーンビューテイー(キラッキラッ)
③Rossian ビタミンQ(太くマイルド)
④マスタード(ガツンと太く)

アナログ人間の私にはコンデンサーが
如何に重要かと気づかせて下さった事
に感謝します☆☆☆


プロリペアマン 2011/06/09(Thu)23:18:00 編集
NCC
NCCは松尾ですね
グレービューティーの後に緑のMXTってのを出してます
ニチコン及び日本ケミコンとは無関係の別メーカーです
national 2016/07/03(Sun)02:02:37 編集
忍者ブログ [PR]