[PR] レンタルサーバー mini DIARY ずさん 忍者ブログ
MINI乗りの日記。。。音楽の日記。。。小さい日記。。。
お知らせ
【LIVE schedule】
~弾き語り~
『弾き語り at アルマナックハウス』
日時:11月18日(土) 18:30op 19:00st
場所:千葉市川 アルマナックハウス
チャージ:1000円(飲食別)
出演:YOSHIHIRO/FATBOY/野田通弘/平間亮/ひーさ
アルマナックハウス

~アコTRES~
『ACOBATTLE☆JUNCTION 36』
日時:11月23日(木・祝) 18:00op 19:00st
場所:東京下北沢 BIG MOUTH
チャージ:2700円(+お通し+1drink)
出演:AKI/もよぽん/はやぶさジョーンズ/TRES/Saturate M
AKI
BIG MOUTH

~TRES~
『Rock'n'Roll Circus』
日時:11月26日(日) 18:30op 19:30st
場所:神奈川小田原 ジーズキャフェ
チャージ:1500円(飲食別)
出演:トリオ・ザ・ニューロック/Tsuru and The SisterRay/TRES
大西ツル
ジーズキャフェ

~TRES~
『上空の中村 カラー』
日時:12月16日(土) 18:00op 18:30st
場所:静岡浜松 KIRCHHERR
チャージ:2000円(1drink付)
出演:ラブラブフォーエバー/BEAT SEEKER/トンガラカス/stacru/にわかあめ/TRES
DJ:HimitsuSyounen/Mum (mumbles)
KIRCHHERR

~弾き語り~
『拓郎ナイト』
日時:12月23日(土・祝) 18:30op 19:30st
場所:小田原鴨宮ジーズキャフェ
チャージ:2000円(飲食別)
第一部:地元ミュージシャン
第二部:井上ともやす
井上ともやす
ジーズキャフェ


【毎月恒例】
毎月第一水曜日…小田原 George's Caffe
『はっとのオープンマイク』
毎月第二水曜日…茅ヶ崎 Sindy & Mimiy
『はっとのオープンマイク』
はっとのブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ひーさ
HP:
職業:
しがないサラリーマン
趣味:
唄歌い,MINI
ブログ内検索
最新コメント
[09/04 みわ]
[07/26 ひーさ@管理人]
[07/19 Mark ハセガワ]
[09/18 ひーさ]
[09/17 八木下巌]
バーコード
[555]  [554]  [553]  [551]  [552]  [550]  [549]  [548]  [547]  [546]  [543
東電と原子力安全・保安院のヤツらは”ずさん”としか言いようの無い輩ばかりだと思う。
地震発生時の会見から『こいつらつかえねぇなぁ』とは思っていましたが、まさかここまで使えない連中だとは。
こんな記事も載っていました。



予断を許さない状況が続く東京電力福島第一原子力発電所で修復作業に当たっている作業員の厳しい労働環境が28日、明らかになった。

この日記者会見した経済産業省原子力安全・保安院福島第一原子力保安検査官事務所の横田一磨所長(39)によると、朝食はビスケットと野菜ジュース、夕食は非常食用の五目ご飯などと缶詰で、1日2食となっている。

夜は同原発1号機から北西に約300メートル離れた「免震重要棟」の緊急時対策室で雑魚寝する。各人に配布されているのは毛布1枚だ。

東電によると28日現在、同社や協力会社の計450人が所内で作業に携わっている。

28日、経済産業省原子力安全・保安院の記者会見などで明らかになった東京電力福島第一原子力発電所の作業員らの過酷な労働環境。限られた食事、高い放射線量の中、危険と隣り合わせの修復作業が続く。

◆日課◆

原子力安全・保安院福島第一原子力保安検査官事務所の横田一磨所長(39)は22~26日、作業員への指示を行ったり、作業員らが食事や睡眠を取ったりする免震重要棟の「緊急時対策室」に滞在、28日会見を開いて状況を報告した。

免震棟は地震の揺れを軽減できる構造で、昨年7月に利用が始まった。東電によると、2号機で爆発が起きた15日には、東電と協力会社の作業員や技術者計約800人のうち、原子炉への注水を行う約50人を除いていったん所外に避難したが、その後は270~580人程度が所内にいる。

横田所長によると、作業員らは、毎日午前7時にミーティングを行い、各原子炉の状況や作業手順を確認。午前10時頃から午後5時頃まで作業を行い、免震棟に戻って夕食となる。就寝は午後10時過ぎ。夜勤の作業員は寝ずに、計器の数値を監視する。

1日2回の食事のうち、朝は1袋十数枚入りのビスケットを2袋に野菜ジュース。夕食は、水を入れて発熱剤で温められるワカメご飯や五目ご飯、キノコご飯やドライカレーなどと鶏肉やサバの缶詰1個。飲料水は1人1日1・5リットル配られているが、貴重なため、手洗いはアルコールを使っている。風呂やシャワーは使えず、着替えもほとんどない。

救援物資の増加も検討されているが、周辺の放射線量が高いため、ヘリコプターでの輸送はできず、東電のバスで運搬している。

東電の現地のリーダー格の男性職員は当初、「乾パンで飢えをしのいだ。わずかな仮眠で仕事を続け、乾パンをかむ力もなくなってきた。お茶が飲みたい」と本店社員に訴えていた。

◆士気◆

夜は冷え込んで寒いが、対策室や廊下で雑魚寝となる。対策室は約35メートル四方で“すし詰め状態”。イスを並べて寝る作業員もいる。

地震が発生した11日からしばらく所内に詰めていたという東電社員は、当初は23時間勤務して1時間の仮眠を取る程度だったという。

屋外の放射線量は依然として高い。このため、免震棟の床に鉛のシートを張るなどして、建物の内部の放射線量を毎時2~3マイクロ・シーベルトに抑えている。

タービン建屋にたまった水などから高い放射線量を測定していることもあり、横田所長は今後の作業では、「水たまりを避けるなどの注意が必要だ」と話す。

作業員は交代があるが、「幹部は(現場を)離れるのは難しい」(横田所長)状況だという。夜のミーティングの終わりには、東電社員の「がんばろう」のかけ声とともに一本締めで、士気を高めているという。



『東電社員の「がんばろう」のかけ声とともに一本締めで、士気を高めているという。』って。。。春闘レベルの話ではないんですけど。
国家の行く末が掛かっていると言ってもいい状態なのに、作業員が寝る事も出来ないような状況で作業をさせていて、正しい判断が出来るわけないだろう。
そして作業員の被曝管理もしていないといった報道もあります。
電力会社の独占事業殿様商売のおかげで、こんなチンプンカンプンな役職連中が出来上がったのでしょう。

僕は原発には反対ではありません(かと言って推進もしませんが)。ハイリスクハイリターンなモノではあります。それ故にハイスキルを持った人材が管理しないといけないモノだと思うんです。でも、今回会見で出てきているオッサン連中は記者からの質問にさえ答えられない、まるで窓際族のような連中ばかり。こんな連中が原発に携わっていれば、このような災害時に初期行動が遅くなるのも当たり前です。
今回は未曾有の災害ではありますが、ここまで原発が酷い事になっているのは、完全に人災としか言いようがありません。
そして何で早い内にIAEAや国の電力の7割が原発のフランスに要請をしなかったのか(一説には、向こうからの申し出を断ったとか)。

プライド?国家レベルの事に口出すな?自分達だけで大丈夫?

東電は役員から社員まで完全リストラを行い、会長以下役員は解任&退職金返納&6ヶ月間の給与返納。社員も3年間分の給与の20%返納&ボーナスカットはやって当たり前だと思います。そして、国有化して一から立て直してもらいたいです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]