[PR] レンタルサーバー mini DIARY 50s wiring Vs Modern Wiring 忍者ブログ
MINI乗りの日記。。。音楽の日記。。。小さい日記。。。
お知らせ
【LIVE schedule】
~TRES~
『ジーズキャフェ15年祭』
日時:9月24日(月・祝) 12:00~19:30
場所:神奈川小田原 巨欅の居 岩瀬邸
チャージ:5000円(ライブチャージ&飲み放題込み)
出演:ゲストミュージシャン多数/地元ミュージシャン多数
詳細はこちら

~TRES~
『終わりなき一瞬のできごと Vol.37』
日時:9月29日(土) 18:30op 19:00st
場所:京都西院 ウーララ
チャージ:前売1500円/当日1900円(共に+1drink)
出演:晴天虚空蔵/福岡英巳/MARUHIRODRIVE/TRES
ウーララ

~TRES~
『TRES at M'AXA』
日時:9月30日(日) 17:30op 18:30st
場所:三重松阪 M'AXA
チャージ:1000円(+1drink)
出演:rem/中川幸二/TRES/他
M'AXA

~TRES~
『TRES at 音小屋』
日時:10月6日(土) 18:20op 18:35st
場所:神奈川横浜 音小屋
チャージ:1800円(1drink付)
出演:TRES/CLUB BEGGAR/Embrasse/黄金町ガラム/Band sound spremacyrem
音小屋

~弾き語り&TRES~
『第12回 小田原城ミュージックストリート』
日時:10月7日(日)11:00~
場所:神奈川小田原市内特設ステージ
チャージ:No Charge(小田原で買い物してね)
詳細はミュージックストリートblogをご確認ください
ミュージックストリート

~TRES~
『上空の中村 昼も夜も』
日時:10月20日(土)
場所:静岡浜松 KIRCHHERR
昼の部:13:00op 13:30st
夜の部:18:00op 18:30st
チャージ:昼のみ 1500円、夜のみ 1500円、一日通し 2500円(共に+1d)
昼の部出演:曲がる/だあこえたかぼう/大ち(真っ赤な瞬間)/日南
夜の部出演:バミリ/Nowhere-s LINE/世田谷ブンブンズ/TRES
KIRCHHERR

~TRES~
『第26回 JAPAN MINI DAY in 浜名湖』
日時:11月4日(日) 9:00~16:00
場所:静岡浜松 渚園
入場料:前売2500円/当日3500円
MINIのイベント内での出演です。
Japan MINI DAY Facebook

~TRES~
『Soul & Blues night』
日時:11月25日(日) 18:00op 19:00st
場所:鳥取鳥取 After Hours
チャージ:1500円(1drink付)
出演:ゴールデンアワー/マッチボックス/TRES/他
After Hours

~弾き語り~
『花田裕之 島田流れ ~前座~』
日時:12月1日(土)詳細未定
場所:静岡島田 Blues' bar SHINE
チャージ:未定
出演:花田裕之/浪漫的快音兄弟 O.A.ひーさ
花田裕之
Big Moon Cafe


【毎月恒例】
毎月第一水曜日…小田原 George's Caffe
『はっとのオープンマイク』
毎月第二水曜日…茅ヶ崎 Sindy & Mimiy
『はっとのオープンマイク』
はっとのブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
プロフィール
HN:
ひーさ
HP:
職業:
しがないサラリーマン
趣味:
唄歌い,MINI
ブログ内検索
最新コメント
[09/21 カルティエ ライター スーパーコピー]
[09/04 みわ]
[07/26 ひーさ@管理人]
[07/19 Mark ハセガワ]
[09/18 ひーさ]
バーコード
[741]  [740]  [739]  [738]  [737]  [736]  [735]  [734]  [733]  [732]  [731
SGの事で色々と調べていたら、とあるブログで配線のことについて書いている記事がありました。
で、そこの画像を見ると、「あら?自分が知っている配線とちょっと違う」。
なんでも、50s wiringとModern Wiringと言う違いがあるようで。
で、もうちょっと調べていくとSeymour Duncanのブログに辿り着きました。

http://www.seymourduncan.com/blog/tips-and-tricks/lespaulwiring/

ま、なにが違うかって言うと、コンデンサの接続位置の違いで、ピックアップからの接続位置にコンデンサを繋ぐのか、セレクタスイッチの接続位置にコンデンサを繋ぐのか。
これで何が違うのか。
なんでも50s wiringの方は、Volを絞った時のハイ落ちが防げるんだとか。ただ、Seymour Duncanのブログの最後にも書かれていますが、Toneを絞った時に音量が落ちるんだとか。

で、やってみましたよ。


まずは、50s wiring


Vol、Toneをフル10からVolのみ絞ると。。。お!本当だ!ハイ落ちしない!
いやいや、これ、良いですよ。

ただ。。。Volを少しでも絞った状態(フル10以外)でToneを少しでも絞ると。。。音量が下がる。
Volを動かした訳ではないのに音量が下がる。
では、と、Toneをハーフにした状態でVolをフル10から下げるとどうなるのか試してみたら。。。ちょっと動かしただけなのに、音量の下がり幅がデカい。

これでは使い物にならん。
って事で、Modern Wiringに配線し直し。
ま、こちらは今までのギターでも施した配線なので問題ありませんです。



しかし、50年代~60年代は50s wiringだった訳ですから、Oldのギターなんかではこんな挙動をするのでしょうね。

ま、どちらがいいかはプレイヤーさんの好みで使い分ければいいのではないでしょうかね。

っても、はんだを直していないようなOldの個体であったら、使い難くても50s wiringのままで使うでしょうけど(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]