[PR] レンタルサーバー mini DIARY SG standard 忍者ブログ
MINI乗りの日記。。。音楽の日記。。。小さい日記。。。
お知らせ
【LIVE schedule】
~TRES~
『TRES at 音小屋』
日時:6月4日(日) 18:30open 19:00start
場所:神奈川横浜 音小屋
チャージ:1800円(1drink付)
出演(出演順):TRES/Boo-Bee Crunch!/Milk from nose/スナックニュー橘
音小屋

~TRES~
『Club Over Age』
日時:6月18日(日) 14:00open 14:30start
場所:東京池袋 FIELD
チャージ:2000円(+1drinkオーダー)
出演(出演順):Guard Position/MAFF/TRES/マサオバンド
FIELD

~TRES~
『TRES at DOORS in HEAVEN』
日時:7月1日(土) 詳細未定
場所:大阪大阪 DOORS in HEAVEN
チャージ:未定
出演:TRES/他
DOORS in HEAVEN

~TRES~
『TRES at ウーララ』
日時:7月2日(日) 18:30open 19:00start
場所:京都京都 ウーララ
チャージ:前売1400円/当日1800円(共に+1drinkオーダー)
出演:コーミッツ/TRES/他
ウーララ

~弾き語り~
『弾き語り at なんや』
日時:7月9日(日) 18:00open 18:30start
場所:愛知名古屋 なんや
チャージ:1000円(飲食別)
出演:ギアマス/ひーさ
なんや

~弾き語り~
『弾き語り at Blues'Bar SHINE』
日時:7月16日(日) 詳細未定
場所:静岡島田 Blues'Bar SHINE
チャージ:未定
出演:ひーさ/他
Blues'Bar SHINE


【毎月恒例】
毎月第一水曜日…小田原 George's Caffe
『はっとのオープンマイク』
毎月第二水曜日…茅ヶ崎 Sindy & Mimiy
『はっとのオープンマイク』
はっとのブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ひーさ
HP:
職業:
しがないサラリーマン
趣味:
唄歌い,MINI
ブログ内検索
最新コメント
[09/18 ひーさ]
[09/17 八木下巌]
[07/03 national]
[01/09 F-Geno]
[06/14 入鹿(iruca)]
バーコード
[738]  [737]  [736]  [735]  [734]  [733]  [732]  [731]  [730]  [729]  [728
2000 Gibson Historic SG standard Reissue with Maestro vibrato

Facebookで「最近、SGが気になってんだよねぇ」と書き込んだら、某楽器店に勤めていた某氏から「こんなのありまっせ、どうでっか?」と話しが舞い込んできたので、数日お借りして使ってみてから購入したモノです。
バンドでのアンサンブル内で使ってみたのですが、悪くない。ちょっと「バキッ」としてる感じの音でした。
ただ、ひとつ購入しようか迷った点があって、それは「3弦 12Fでのデットポイント」です。色々と調べてみたのですが、この点に関しては直しようがないようで。ま、どうにかカバー出来るように頑張りますわww
そんな点もあったのですが、それ以上に自分がSG買うならこの仕様って思っていたのと同じ仕様だって事と、初Historicってのも購入の決め手となりました。



ボディ色は、結構、赤が飛んでいてナチュラル?ウォルナット?チョコレート?って感じの茶色となってます。もうちょっと赤が残っていたら完璧だったんだけどね。



ちなみに、日焼けの跡はこんな感じでクッキリです。
この赤が欲しかったんだよ~~~~~!
 


仕様としては、61年~64年のSGを再現しているようです。
ヘッドもラージヘッドの17°アングル。ネックは当時のスリムテーパーを再現してます。
スリムテーパーは、ただいまメイン機となっているES-335がそれなので、違和感なく握れます(ってか、335よりも薄いかも)。
ただ、ちょっと残念だなぁって思うのが、ペグが2コブでないとこ。
ここは1コブじゃなく2コブでしょう、Gibsonさん。



 Pick UpはGibson 57 classicです。
ギターを購入すると、どうしてもPUを交換してしまう性分なのですが、57 classicは前々から使ってみたかったPUであるので、このままで行きます。
以前、Seymour DuncanのSeth Loverを使ったことがあるのですが、音はそれに似てるかな。でも、あの時はSeth Loverの線の細さがイヤで使わなかったんだよなぁ。
たぶん、マグネットなのでしょう。Seth Loverも57 classicも、マグネットはアルニコ2が載っています。ES-335とstandardに奢っているPUはどちらもアルニコ4ですので、アルニコ2だと音の芯の太さや粘りが弱いのかもしれません。
でも、ま、57 classicで行ってみるのです。
ちなみに直流抵抗値は、

Front : 8.00kΩ
Rear : 8.74kΩ

でした。



キャビティ内は前オーナーさんが既に手を加えていました。ボリュームPOTからスイッチまでをWestern Electric単線にして(AWG24くらいか?)、コンデンサをCornell Dubilierのハーメチックに換装してありました。
こうなると、気兼ねなく配線変更出来るわけでww


って事で、購入して早々にモディファイしちゃいます (^-^)b

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]