[PR] レンタルサーバー mini DIARY 山口冨士夫@原宿クロコダイル 忍者ブログ
MINI乗りの日記。。。音楽の日記。。。小さい日記。。。
お知らせ
【LIVE schedule】
~TRES~
『ジーズキャフェ15年祭』
日時:9月24日(月・祝) 12:00~19:30
場所:神奈川小田原 巨欅の居 岩瀬邸
チャージ:5000円(ライブチャージ&飲み放題込み)
出演:ゲストミュージシャン多数/地元ミュージシャン多数
詳細はこちら

~TRES~
『終わりなき一瞬のできごと Vol.37』
日時:9月29日(土) 18:30op 19:00st
場所:京都西院 ウーララ
チャージ:前売1500円/当日1900円(共に+1drink)
出演:晴天虚空蔵/福岡英巳/MARUHIRODRIVE/TRES
ウーララ

~TRES~
『TRES at M'AXA』
日時:9月30日(日) 17:30op 18:30st
場所:三重松阪 M'AXA
チャージ:1000円(+1drink)
出演:rem/中川幸二/TRES/他
M'AXA

~TRES~
『TRES at 音小屋』
日時:10月6日(土) 18:20op 18:35st
場所:神奈川横浜 音小屋
チャージ:1800円(1drink付)
出演:TRES/CLUB BEGGAR/Embrasse/黄金町ガラム/Band sound spremacyrem
音小屋

~弾き語り&TRES~
『第12回 小田原城ミュージックストリート』
日時:10月7日(日)11:00~
場所:神奈川小田原市内特設ステージ
チャージ:No Charge(小田原で買い物してね)
詳細はミュージックストリートblogをご確認ください
ミュージックストリート

~TRES~
『上空の中村 昼も夜も』
日時:10月20日(土)
場所:静岡浜松 KIRCHHERR
昼の部:13:00op 13:30st
夜の部:18:00op 18:30st
チャージ:昼のみ 1500円、夜のみ 1500円、一日通し 2500円(共に+1d)
昼の部出演:曲がる/だあこえたかぼう/大ち(真っ赤な瞬間)/日南
夜の部出演:バミリ/Nowhere-s LINE/世田谷ブンブンズ/TRES
KIRCHHERR

~TRES~
『第26回 JAPAN MINI DAY in 浜名湖』
日時:11月4日(日) 9:00~16:00
場所:静岡浜松 渚園
入場料:前売2500円/当日3500円
MINIのイベント内での出演です。
Japan MINI DAY Facebook

~TRES~
『Soul & Blues night』
日時:11月25日(日) 18:00op 19:00st
場所:鳥取鳥取 After Hours
チャージ:1500円(1drink付)
出演:ゴールデンアワー/マッチボックス/TRES/他
After Hours

~弾き語り~
『花田裕之 島田流れ ~前座~』
日時:12月1日(土)詳細未定
場所:静岡島田 Blues' bar SHINE
チャージ:未定
出演:花田裕之/浪漫的快音兄弟 O.A.ひーさ
花田裕之
Big Moon Cafe


【毎月恒例】
毎月第一水曜日…小田原 George's Caffe
『はっとのオープンマイク』
毎月第二水曜日…茅ヶ崎 Sindy & Mimiy
『はっとのオープンマイク』
はっとのブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
プロフィール
HN:
ひーさ
HP:
職業:
しがないサラリーマン
趣味:
唄歌い,MINI
ブログ内検索
最新コメント
[09/21 カルティエ ライター スーパーコピー]
[09/04 みわ]
[07/26 ひーさ@管理人]
[07/19 Mark ハセガワ]
[09/18 ひーさ]
バーコード
[626]  [625]  [624]  [623]  [622]  [621]  [620]  [619]  [618]  [617]  [616
昨日は原宿に山口冨士夫を観に行ったのですよ。
正直、2日前まで行こうか行くまいか悩んでいたのですが『冨士夫ちゃんが生きている間に一回は観ておくべきだろう』と思い、観に行った次第であります。
ま、花田さんがゲスト出演するってのもあったんですがね。

30分押しで始まったライブ。
冨士夫ちゃん、出てくると『あけまして。。。おめでとう。来てくれて。。。。ありがとね。』と若干ろれつが回っていない口調であいさつ。目もいっちゃっているようないないような。。。んで、ギター持ってライブの始まり。
335持つのかと思ったら、黒のミュージックマンで最初から最後まで通してました。完全にキース・リチャーズを意識してますな(笑)

で、始まったはいいのですが、コードとかヒッチャカメッチャカなとこ押さえちゃってて、オイオイオイって感じで。しかも1曲目の途中で演奏止めて『今日。。。冨士夫ちゃん。。。ダメ!』と言い放つ。
『うわわわ。まさかこのまま終了しちゃわないでしょうね。ま、これで終わったらある意味、伝説ライブになりますが。』なんて思っていたら『え~っと。。。。。ここから始めよう。』と曲の途中から歌い始める冨士夫ちゃん。
ってか、それについて行く、P-ちゃん、中嶋KAZさん、安藤NAOMIさんは凄いもんだ(笑)
たぶん、普段のライブの倍は疲れると思うよ。
そんな調子で、多分セットリストなんて無いであろう状態で、冨士夫ちゃんが歌いだしたら周りがついて行くって感じのライブ。

ま、コードを間違えまくっている冨士夫ちゃんなんですが、入ってくるタイミングや、バシッと合った時、ソロの時の間の取り方なんてのは、絶品なんですよ。これぞロック!てヤツ。
だから『オイオイ』と思いながらも気持ちいい。たぶん、普通の人が聴いたら『なんじゃ、このライブ。』ってなって帰っちゃうんでしょうが、ロックの洗礼浴びている人からしたら『そうなんです!この間なんです!』みたいな(笑)

一部だけでも1時間やったんですが、そこから30分休憩入れて2部のスタート。この時点で終電は諦めました。間に合う気がしないし、なんか帰ったら勿体ないってね。
2部の2曲目から花田さん登場。ってか、1曲目が終わるやいなや、紹介もされていないのに”シレ~”っと出てきて準備してるし(笑)
これには冨士夫ちゃんも『今日は。。。ゲストがいて。。。花田裕y。。。って、出て来てんじゃん』と(笑)

そこから5~6曲はやったかな。1時間近く花田ギターが炸裂してましたよ。
ちなみに今回はアンプに銀パネVibrolux、足元にKLON CENTAURを置いていました。

2012年の一発目に山口冨士夫のライブで始められたのは良かったです!ま、行こうか迷っていたのですがね(笑)

終わってからはNOZAKINGと、終電逃して朝まで新宿にいたのさぁ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]