[PR] レンタルサーバー mini DIARY 1955 Les Paul Special 忍者ブログ
MINI乗りの日記。。。音楽の日記。。。小さい日記。。。
お知らせ
【LIVE schedule】
~TRES~
『Golden☆Night 第一夜』
日時:4月27日(土) 18:00open 18:30start
場所:京都・京都 After Beat
チャージ:2000円(1drink付)
出演:Nocturne Second/Lucy's Haircut Shop/HOLY COW/Metal Farm/TRES
京都After Beat
Facebookイベントページ

~TRES~
『Good Rockin' Tonight vol.7』
日時:5月11日(土) 18:00open 18:30start
場所:静岡・三島 After Beat
チャージ:1500円(+1drink)
出演:スワックマン/カラメル/黒川浩和バンド/TRES
三島After Beat
Facebookイベントページ

~TRES~
『遊音 vol.5』
日時:5月25日(土) 16:30open 16:45start
場所:北海道・札幌 HOT TIME
Liveチャージ:1500円(1drink付)
ビュッフェ付飲み放題:2000円(20:00~)
出演:魂響/Nothing Personals/鼠色/The Mast/愛絵符/OTO ROCK/Drift Queen/TRES
HOT TIME
Facebookイベントページ

~TRES~
『ウルフルケイスケ×三宅伸治 MAGICAL CHAIN GANG TOUR 2019』
日時:6月7日(金) 18:30open 19:30start
場所:静岡・沼津 Speak EZ
チャージ:前売4000円/当日4500円(共に+1drink)
出演:三宅伸治/ウルフルケイスケ
前座:ミシシッピ☆ゴールデンズ/TRES
ウルフルケイスケ
三宅伸治
Speak EZ
Facebookイベントページ

~弾き語り~
『弾き語り at アルマナックハウス』
日時:6月22日(金)詳細未定
場所:千葉・市川 アルマナックハウス
チャージ:未定
出演:ひーさ/他
アルマナックハウス

~TRES~ 『TRES at ウーララ』
日時:7月27日(土)詳細未定
場所:京都・西院 ウーララ
チャージ:未定
出演:赤目/TRES/他
ウーララ


【毎月恒例】
毎月第一水曜日…小田原 George's Caffe
『はっとのオープンマイク』
毎月第二水曜日…茅ヶ崎 Sindy & Mimiy
『はっとのオープンマイク』
はっとのブログ
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ひーさ
HP:
職業:
しがないサラリーマン
趣味:
唄歌い,MINI
ブログ内検索
最新コメント
[09/04 みわ]
[07/26 ひーさ@管理人]
[07/19 Mark ハセガワ]
[09/18 ひーさ]
[09/17 八木下巌]
バーコード
[947]  [946]  [945]  [944]  [943]  [942]  [941]  [940]  [939]  [938]  [937
(今現在の機材を書き記しておこうかと。もし、盗難に遭ったとしても、ここに書き記しておけば「僕のです!」って、ちょっとした証拠にはなるかと。盗まれないようにも注意しますが)



『1955 Les Paul Special』

いまのメインの内の一本。


以前はレギュラーラインの1991 Jr. SpecialでLollarのP-90に載せ替えたのを使っていましたが、こちらも機材整理で手放してしまいました。
しかし、Gibsonを持ってロックンロールやってると、大概P-90の話題が出てきて「P-90はあーだこーだ」と話が膨らむわけです(当人調べ・笑)。

ちょうどそんな時に、スチューデントクラスのモデルを特集した「リトル・ギターズ」と言う本の増補改訂版が出るとあって、それを買って「やっぱ手放さなきゃよかったなぁ」と眺めながら、某巨大楽器サイトもチラチラと見ていました。
ある日、その某巨大楽器サイトを見ていると、明らかに他の個体よりも安く出されているOldのSpecialが目にとまりました。
しかも、どこかで見たことある個体…どこで見たんだっけ?…この2色に分かれている特徴的な柄の指板とVolノブ近くにあるトップの補修…あ!
「リトル・ギターズ」で取り上げられている個体でした。



運命的なものがあるぞと勝手に思い(悪い癖)、都内の某ギターショップへ。
Custom shop製のSpecialと弾き比べ、意を決して購入へと至りました。
安く出されているので、ネック折れやパーツ交換などあるのかなと思っていましたが、ペグがシュリンクしているために60年代の物に交換されている(シュリンクしているペグはちゃんと保管してある)・リフレット・リナット以外はオリジナルのままでした。


お店の方に「他の店と比べて安くないですか?」と聞いたら「売れないと意味無いじゃないですか(笑)」と。
さらに「絶っっっっっっっ対に、このハードケースで持ち出さないでくださいね。見る人見たら一発で分かりますから」と、なぜかフラットトップのブラウンケース(Gibsonバッヂは剥がされている)でした。


ブリッジのメッキが剥げて弦の当たりが付いていて(60年以上使われてきた爪痕ですね)、ミョーンと変な鳴りをしていたのでブリッジをリプレイス。さらに、フレットがペッタペッタだったのでリフレット・リナットを行い、実践投入してゴキゲンなサウンドを掻き鳴らしています。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]