[PR] レンタルサーバー mini DIARY 1963 ES-335 忍者ブログ
MINI乗りの日記。。。音楽の日記。。。小さい日記。。。
お知らせ
【LIVE schedule】
~TRES~
『Golden☆Night 第一夜』
日時:4月27日(土) 18:00open 18:30start
場所:京都・京都 After Beat
チャージ:2000円(1drink付)
出演:Nocturne Second/Lucy's Haircut Shop/HOLY COW/Metal Farm/TRES
京都After Beat
Facebookイベントページ

~TRES~
『Good Rockin' Tonight vol.7』
日時:5月11日(土) 18:00open 18:30start
場所:静岡・三島 After Beat
チャージ:1500円(+1drink)
出演:スワックマン/カラメル/黒川浩和バンド/TRES
三島After Beat
Facebookイベントページ

~TRES~
『遊音 vol.5』
日時:5月25日(土) 16:30open 16:45start
場所:北海道・札幌 HOT TIME
Liveチャージ:1500円(1drink付)
ビュッフェ付飲み放題:2000円(20:00~)
出演:魂響/Nothing Personals/鼠色/The Mast/愛絵符/OTO ROCK/Drift Queen/TRES
HOT TIME
Facebookイベントページ

~TRES~
『ウルフルケイスケ×三宅伸治 MAGICAL CHAIN GANG TOUR 2019』
日時:6月7日(金) 18:30open 19:30start
場所:静岡・沼津 Speak EZ
チャージ:前売4000円/当日4500円(共に+1drink)
出演:三宅伸治/ウルフルケイスケ
前座:ミシシッピ☆ゴールデンズ/TRES
ウルフルケイスケ
三宅伸治
Speak EZ
Facebookイベントページ

~弾き語り~
『弾き語り at アルマナックハウス』
日時:6月22日(金)詳細未定
場所:千葉・市川 アルマナックハウス
チャージ:未定
出演:ひーさ/他
アルマナックハウス

~TRES~ 『TRES at ウーララ』
日時:7月27日(土)詳細未定
場所:京都・西院 ウーララ
チャージ:未定
出演:赤目/TRES/他
ウーララ


【毎月恒例】
毎月第一水曜日…小田原 George's Caffe
『はっとのオープンマイク』
毎月第二水曜日…茅ヶ崎 Sindy & Mimiy
『はっとのオープンマイク』
はっとのブログ
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ひーさ
HP:
職業:
しがないサラリーマン
趣味:
唄歌い,MINI
ブログ内検索
最新コメント
[09/04 みわ]
[07/26 ひーさ@管理人]
[07/19 Mark ハセガワ]
[09/18 ひーさ]
[09/17 八木下巌]
バーコード
[950]  [949]  [948]  [947]  [946]  [945]  [944]  [943]  [942]  [941
(今現在の機材を書き記しておこうかと。もし、盗難に遭ったとしても、ここに書き記しておけば「僕のです!」って、ちょっとした証拠にはなるかと。盗まれないようにも注意しますが)


『1963 ES-335』

メインの内の一本でありながら、思いっきり曰く付きな一本。

某ショップのホームページでこの335が掲載されていたので行ってみることに。
そこで、この63年と65年(42mmナット幅のヘッド角14度でトラピーズ)と70年代の335とで弾き比べ。
70年代のはナット幅が狭くて、僕の手では握れずに即却下。
65年のは綺麗だったのですが、ヘッド角とトラピーズの影響かローの出方がいまいち。ストップテールピースに変えると音の出方も変わるのでしょうが、そこまでするには勿体無い一本。
この63年はパーツのほとんどが交換されていて、オーバーラッカーもされており、唯一、木部にはダメージが無いってだけが売りでした。


フレットもガッタガタで、ナットはオリジナルを変えたくないのか木のスペーサーで嵩上げ。サドルもナイロンサドルなのですが何回も切り直していてボロボロ(ブリッジは70年代らしいのでサドルもその頃のかな?)。
こんなボッロボロな個体なのですが、お店の人曰く「プロの方が使ってました」と。『どんなプロだよ』と思い「誰ですか?」と聞いたのですが「それは教えられません」と。当たり前ですね(;^^)
ま、プロもピンキリだしね。


で、どうしようか迷ったのですが、この63年が一番ボディ厚が薄いく、ネック裏の塗装の剥げ方が絶妙に気持ち良いのと、主治医のとこに持って行けばどうにか起こしてくれるのではないかと思い、4時間近く悩んだ挙句に連れて帰ってきました。
主治医のとこに持って行ったら「バカ!なにこんなの買ってきてんだ!」と一喝されましたが(;--)


購入したショップが言うには「64年」なのですが、シリアルと2個だけ残っていたポットから「63年」と判断。
よくよく見て行くと、ピックアップカバーははんだが取れてカパカパ動き、配線は継ぎ足され、コンデンサの足は根元から折れててはんだし直されており、どう見ても素人作業炸裂な状態でした。
そして一番の謎が、Guaranteed Orange Labelの向きが上下逆さまな点。剥がれて貼り直したのか?元からなのか?この個体は贋作か?と色々と考えますが、真相は分かりません。


fホール内には赤の塗料が飛んでるので、たぶんリフィニッシュされているのでしょう(ショップは「オーバーラッカーのみ」と言い張ってましたが)。

ここまでプレイヤーズコンディションだと骨董価値は全く無いので、リフレット&リナットしてもらい、配線は自分で総取り替え。何の気掛かりもなくメインとして使い倒しています。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]