[PR] レンタルサーバー mini DIARY ギター/機材 忍者ブログ
MINI乗りの日記。。。音楽の日記。。。小さい日記。。。
お知らせ
【LIVE schedule】
~TRES~
『TRES at 音小屋』
日時:10月22日(日) 18:30op 19:00st
場所:神奈川横浜 音小屋
チャージ:1800円(1drink付)
出演(出演順):イリオモテヤマネコ/TRES/The Railroad Steel/のびのびラーメンズ
音小屋

~TRES~
『Saturday Night Shuffle』
日時:10月28日(土) 18:00op 19:00st
場所:静岡静岡 UHU
チャージ:1620円(+1drink)
出演:Month of Puddle/ひみつきち/柳茶屋/Rosalind/TRES
UHU

~TRES~
『The Special 3Man Show』
日時:11月3日(金・祝) 18:00op 18:30st
場所:東京池袋 FIELD
チャージ:2000円(+1drink)
出演:F.D.R./フラットチャイルド/TRES
FIELD

~弾き語り~
『弾き語り at アルマナックハウス』
日時:11月18日(土) 18:30op 19:00op
場所:千葉市川 アルマナックハウス
チャージ:1000円(飲食別)
出演:YOSHIHIRO/FATBOY/野田通弘/平間亮/ひーさ
アルマナックハウス

~アコTRES~
『ACOBATTLE☆JUNCTION 36』
日時:11月23日(木・祝) 18:00op 19:00st
場所:東京下北沢 BIG MOUTH
チャージ:2700円(+お通し+1drink)
出演:AKI/もよぽん/はやぶさジョーンズ/TRES/Saturate M
AKI
BIG MOUTH

~TRES~
『Rock'n'Roll Circus』
日時:11月26日(日) 18:30op 19:30st
場所:神奈川小田原 ジーズキャフェ
チャージ:1500円(飲食別)
出演:トリオ・ザ・ニューロック/Tsuru and The SisterRay/TRES
大西ツル
ジーズキャフェ

~TRES~
『上空の中村 カラー』
日時:12月16日(土) 18:00op 18:30st
場所:静岡浜松 KIRCHHERR
チャージ:2000円(1drink付)
出演:ラブラブフォーエバー/BEAT SEEKER/トンガラカス/stacru/にわかあめ/TRES
DJ:HimitsuSyounen/Mum (mumbles)
KIRCHHERR


【毎月恒例】
毎月第一水曜日…小田原 George's Caffe
『はっとのオープンマイク』
毎月第二水曜日…茅ヶ崎 Sindy & Mimiy
『はっとのオープンマイク』
はっとのブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ひーさ
HP:
職業:
しがないサラリーマン
趣味:
唄歌い,MINI
ブログ内検索
最新コメント
[09/04 みわ]
[07/26 ひーさ@管理人]
[07/19 Mark ハセガワ]
[09/18 ひーさ]
[09/17 八木下巌]
バーコード
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
Les Paul Specialに載っていた純正ピックアップは、Gibsonがノイズ軽減で考え出したP-90の進化版(?)P-100でした。

Dscf1093.jpg






左:LOLLAR PICKUPSのP-90
右:Gibson P-100

コイルを二段にすることでハムノイズをキャンセルさせる構造なのですが、これを行ったことにより、ミッドが無くなり音がこもるようになったそうです。実際、オイラもLOLLAR PICKUPSのP-90を使ってみたら、全く違うものでした(配線変えたりしているから、一概にピックアップの違いかと言われると。。。(;^^))

さて、P-100がダメってことを書きたいのではなく、このP-100、実は2種類あるって知っていました?
Gibsonからピックアップ単体で売られていた時は区別が無かったようですが、ギターに載せて売っている時は『ネック側とブリッジ側』で変えているんです!

P-100 フロント側
P-100_01.jpg







P-100 リア側
P-100_02.jpg







ご覧の様に、フロントとリアで直流抵抗値が違います。
って事は、コイルのターン数を若干リアの方が多くしてあるんですね。
単体で売られている時は、この区別ってあったんですかね?
もし、区別が無くって同じものをフロントとリアに載っけていたら。。。音は違うよね。

ちなみに、LOLLAR PICKUPSのP-90の直流抵抗は。。。
フロント:8.2kΩ
リア:9.1kΩ
でござんす。
PR
先日行ったギターの配線交換で、ついでだと思って施行したキャビティ内の導電塗装処理についてツラツラと。

今回オイラが使ったのはコチラ!
Dscf0907.jpg









FREEDOM CUSTOM GUITAR Noise Hell SP-D-01
ポリウレタン、エナメル塗装用の導電塗料です。カーボンが主原料となっています。
オイラのギターがポリウレタン塗装かと言うと。。。分かりません(爆)
ま、ラッカーではないでしょう(笑)

こうやって導電塗料を塗ってノイズ処理を行う事を『シールド処理』なんて言います。
こう書いてあると『塗るだけでノイズが無くなる』と勘違いする方もいるのではないかと思うのですが、塗るだけではダメなんですよ!

導電塗料と言うのは、その名の通り『導電性がある。電気を通す。』って事です。
ギターも電気製品ですので、電磁波ってのを出すし受けます。ま、電磁波を出す量は少ないですが、受けるのは思いっきり受けます。蛍光灯やテレビや車の発電機やラジオの電波や携帯の電波などなど、世の中は電磁波だらけです。それが”ジィィィィ”ってノイズになって出てくるんです。
このノイズは弦に触ったりブリッジに触ると治まります(ブリッジアースがされている場合)。これはノイズが人体を通って地面に逃げているから治まるんです。そう、電磁波って一種の電流でもあるんです。

で、導電塗料を塗ると、先ほども言いましたが『電気を通す』ので、導電塗料が電磁波を吸い取るわけです。ただ、このままでは導電塗料に電磁波が乗っただけで、どこにも逃がされていないのでノイズは治まりません。この導電塗料からアースをだしてブリッジアースもしくはジャックのアースに逃がさないと意味が無いわけです。

オイラの場合、キャビティ内の壁からアース線を出すのがイヤだったので、そこで使ったのがアルミテープです。
Dscf0908.jpg






100円均一です。
これを各ポットの穴のとこに敷き、導電性を良くして、ブリッジアースへと逃がしてあげるわけです。この技はLes Paulタイプだから出きる技で、ストラトタイプみたいにピックガードにコントロール系統が付いているのはアース線を出さないといけません。

カーボン主原料だと、0Ωとはならずに数十Ωありますが、やっていないよりかは全然良いわけです。銅を主原料とした塗料もありますが、そこまでするなら銅箔を貼った方が良いと思います。

ちなみに、このシールド処理、やり過ぎると高音域が無くなります。
高音域の周波数がシールドに吸い取られてしまうのでしょう。
なので今回、シールド処理を行っているのはコントロールキャビティ内とトグルスイッチキャビティ内のみです。ピックアップ座ぐり内は行っていません。高音域が無くなるのがイヤだったので塗りませんでした。もし、ノイズが気になるようなら、座ぐり内はアルミテープを貼ります。塗っちゃったら後戻りできないですからねぇ。

ちなみに塗るのに使った筆は。。。
Dscf0909.jpg









100円均一



さて、これから飲み会です。

ってか、今夜は花田裕之@小倉GALLERY SOAPでのLIVEがネット中継されます。
観たいんだけど。。。観れません(ToT)
詳細は花田さんのホムペを観てね。

hanada.cc → ここをクリック!


って事で、久々にオンタイムでの日記となりました(笑)


FREEDOM CUSTOM GUITAR → ここをクリック!
村上○樹にあやかり、三部作でお送りしております、Les Paulの配線交換(笑)

いよいよ最終のLes Paul Specialでございます。


ではでは、患者さんどうぞ~

Dscf0888.jpg










ウッドストック'69でのマウンテンのレズリー・ウエストを観て『Jr.が欲すぃ~』と思ったけど、Jr.に手を出せなかったので、正月セールで出ていたコイツを買ったのであります。かなり昔に。

さて、コイツのコントロールキャビティ内を見てみますと

28b1da73.jpeg








なんと、コイツには鉄板が無いんです!ちなみに製造年は。。。
Special:95年製
Studio Lite:93年製
Standard:2000年製
何でコイツは鉄板が無いんだ?
おまけにブリッジもABR-1だし。ん~、不思議だぁ。

この画像のorange dropは、Studio Liteに移植しました。
先日にはフロント・ボリュームがガリったので、実際は画像とは違うポットが付いているし。
って事で、このSpecialは電装部品総取っ替えを施します\(◎o◎)/

まず、可変抵抗器
Dscf0896.jpg






先日ガリった時に付けたポットは、ctsへそ無しでした。これが回すとトルクがあり、重たいんですよ。なので、今回はへそ有りを購入し、ボリュームもトーンも総取っ替えです。
今回用意したのは。。。
ボリューム:500kΩ Bカーブ
トーン:500kΩ Aカーブ
ちなみに『へそ有り → へそ無し → テフロン軸』と回す時の重たさが重たくなっているんだそうです。

コンデンサ
Dscf1077.jpg






HUMAN GEAR社のorange drop 418Pを奢ります。
716Pより高精度だとか。


そして、今回の目玉商品がこれ!

P-90
Dscf1092.jpg






LOLLAR GUITARS & PICKUPSのP-90です。

LOLLAR PICKUPS → ここをクリック!
元々、つるしで載っているのはP-90ではなく、P-100なんです。
Dscf1093.jpg






左がLOLLAR PICKUPSのP-90
右はGibson P-100
『P-90はノイズが』って声に応じて、Gibsonが二段積みのハムバッカーとして世に送り出したのが、P-100。しかし、ノイズは少なくなったけど、抜けが悪くなり、各所から苦情の声が入ったようで、現在では手に入らないものとなってしまったP-100。
Dscf1094.jpg






オイラも外してP-90に替えちゃいますわ。やっぱ、一度はP-90を味あわないとさぁ。

で、配線材はStandardと一緒のWestern Electricの1950年代初頭の配線材(20AWG 単線)でございます。

もう、ドンガラ画像は載せないとして(笑)
Studio Liteの時に撮り忘れた、トグルスイッチ分解画像をどうぞ。

Dscf1079.jpg







なぜバラシたかと言うと

組替え前
Dscf1081.jpg







組替え後
Dscf1086.jpg







中心の分厚い板。これ、GNDなんですが、これの向きを入替えて、作業を楽にしたんです。

で、配線。

Dscf1090.jpg







組み込むとこうなります。

Dscf1097.jpg






Dscf1096.jpg







コイツも他のと同じく、導電塗料でノイズ対策をしてあります。
特にP-90を載せたので、ガッツリ塗りました(笑
あと、ポットのはんだ除去が無かった分、作業が楽でした。

まだ、爆音で鳴らしていないので、どんな音がするのか楽しみです。
アパートで小さく鳴らしたら『やっぱシングルコイルですなぁ』って感じでジャキジャキしています。
ボリューム・ポットの抵抗値が高かったかなぁ。
可変抵抗器の抵抗値は、小さくなるほど高音域をカットします。
だからシングルコイル・タイプのピックアップが載っているギターは250kΩが多いし、ハムバッカ-のピックアップを載せているギターは500kΩを使っているんです。だから『ハイがきついなぁ』って感じたら、ピックアップ替える前に、可変抵抗器を替えてみるってのも手です。













次回からは使用した材料なんかのネタを書いていきたいと思います。

















気が向いたら(笑)


参考HP
宮田工房 → ここをクリック!
バナナムーン → ここをクリック!
昨日の日記を見て『またバカな事をやているよ』って思っているそこのあなた!






























正解!(笑)



さて、本日はLes Paul Standardの配線交換の一部始終をお送りします。

ではでは、患者さんどうぞ~

Dscf0922.jpg










メインで使用しているStandardでございます。
音に不満は無いのですが。。。工作熱に火が点いてしまったので、生け贄になってもらいます(爆)


あ、そこのあなた!
『やっぱコイツはバカだな』って思いましたね。



これまた正解!(笑)




コイツのコントロールキャビティ内も、鉄板使用です。
Studio Lite同様、邪魔なので取っ払います。

Dscf0928.jpg







ポットは、Studio Liteではヘソ付きCTS風でしたが、コイツはGibsonマーク入りのモノです。ちなみに、Gibsonレギュラーラインの可変抵抗器の抵抗値と特性は。。。
ボリューム:300k Bカーブ
トーン:500k Aカーブ
となっています。昔の59年モデルは、全て500k Aカーブなんて言われていますが、どうなんでしょうかね?

Dscf0925.jpg






Dscf0924.jpg







コントロールキャビティ内とトグルスイッチキャビティ内には、申し訳ない程度に導電塗料が。。。高い金出して買ってんだから、やるならちゃんとやらんかい!

で、導電塗料を塗り終わった画像を撮り忘れたので、先に進みます(爆)

Standardに奢る配線材は、Western Electricの1950年代初頭の配線材(20AWG 単線)を奢ります。

Dscf0929.jpg







この配線材は線材の上にブラックエナメル → 絹 → 布巻きって構造になっています。

Dscf1084.jpg






Dscf1089.jpg






Dscf1063.jpg







ブラックエナメルは、はんだのフラックスでは除去出来ないので、紙やすりで磨いて芯線を出してやります。この作業を面倒臭いって言う方がいますが、こうやって手間を掛けるのが良いと思うんだけどなぁ。
この芯線を出してから、布をライターで軽く炙ってあげると、布がほつれてきません。この時のにほいが物凄くノスタルジックで良いんですよ☆
線自体もいいにほいがして良いんですが(笑)

んで、トグルスイッチに配線材取り付けした画像も撮り忘れました(爆)
なんせ、平日に仕事をそっちのけで終わらしてから帰ってきてやっているもんで、んで、こういうのをやり始めると飯も食わずにやっちゃうもんだから、撮ることも忘れるんですよ(仕事以上に集中してるし・笑)

って事で、配線完了。

Dscf1066.jpg






Dscf1067.jpg







StandardのコンデンサはVitaminQを奢っています。

え?orange dropとの違い?

分かりません(笑)


で、音は。。。凄いです!
全部バァァァン!って感じです。
特にミッド~ハイが出ています。ローは丸みが無くなっちゃったかな。全体的にバキバキした感じが出ました。
ただ、アタック感が強いのと、音のスピードが速いです。弾く前から音が鳴っているんじゃないかってくらい速いです。20AWGじゃ太かったかなぁ。22AWGで良かったかも。
だもんで、エフェクターの掛かり具合が変わってしまいました。良いんだか悪いんだか(;^^)
かなりのじゃじゃ馬くんになっちゃいましたね。乗りこなせるんかなぁ(^-^;

ちなみに、単線は折れやすいて言います。丁寧に配線しないと、最後の最後に一からやり直しなんて事も\(◎o◎)/
あ、オイラは折りませんでしたが。


次回はSpecialくんの配線交換です。




参考HP
宮田工房 → ここをクリック!
バナナムーン → ここをクリック!
ここ最近、またまた日記のアプをサボっていましたが(笑)、実は、とある事をやっていたのであります。
何をやっていたのかと言いますと。。。Les Paulの配線交換。
手持ちの3本あるLes Paul Modelの配線交換をやってみました。
発端は、先日の練習の時、久々に鳴らしたStudio Liteの音抜けが悪いので『ムフフ、やってみようかしらぁ』ってなったんであります。だったらと、StandardとSpecialもやっちゃおうと(笑)

ではでは、患者さんどうぞ~。

Dscf0889.jpg










随分昔に購入したLes Paul Studio Liteです。
電装系を診てみますと。。。

Dscf0890.jpg







コントロールキャビティ内は作業効率アップの為か、鉄板が敷いてあります。
それより驚いたのが、ピックアップの配線を動かないように、コンデンサで挟んでいたって事。
ピックアップを交換した時に作業したバカチンが、こんな雑な事をやったのでしょう。
乱雑過ぎますね。
トグルスイッチ内はこんな感じ。

Dscf0892.jpg







で、バラシ始めたのですが、さすがは空洞にバルサ材を突っ込んでいるだけありまして、木屑がバラバラと(;^^)

Dscf0897.jpg






Dscf0895.jpg






Dscf0898.jpg







Studio Liteって、どんなのかと言うと。。。ここを見てくだされ → ここをクリック!
コントロールキャビティ内にあった鉄板。

Dscf0901.jpg






Dscf0902.jpg







鉄板をcommon GNDとし、信号線の分岐ターミナルを設けて作業を簡素化しています。
邪魔なんで取っ払います!

Dscf0903.jpg







内部配線材も作業効率を上げるためか、4芯シールド線を使用しています。
線、細!
今回は、バラすって事もあり、ノイズ対策として導電塗料をキャビティ内に塗ります。
使用する導電塗料は『Noise Hell SP-D-01』です。カーボン塗料です。こいつの事は後日書きますとして、先に進みましょう(笑)

塗布前
Dscf0904.jpg







塗布後
Dscf0913.jpg







トグルスイッチキャビティ内も。

塗布前
Dscf0905.jpg







塗布後
Dscf0914.jpg







塗る際は、穴を塞ぎ、出来上がった際にキチンとアースに落ちるように、アルミテープを貼りました。

塗布直前
Dscf0906.jpg







導電塗料って、塗っただけでは意味無いです。そこからキチンとアースに繋がないとイカンのです。ちなみに、今回は四度塗りして、一晩置きました。
キチンと蓋もノイズ処理です。

Dscf0918.jpg







さて、乾くのを待っている間に、電装パーツのはんだ除去と配線材の取り付けを行います。
使用するはんだは、以前シールド作成の際に購入した日本アルミットKR-19RMA。
配線材はBELDEN8503(撚り線)。

b479e6b5.jpeg






Dscf0893.jpg







前にも書きましたが、はんだは音を追求するならKester44なんてオカルトチックな事を言いますが、そんな事よりも耐久性を追及してKR-19RMAです。
んで、配線材取り付け。

Dscf0912.jpg







トグルスイッチはバラシて組み替えたのですが。。。撮り忘れました(;^^)

ちなみにピックアップは…
Front:Seymour Duncan SH-1n('59 Model)
Rear:Seymour Duncan SH-4(JB Model)

Dscf0911.jpg







なにも知らずに、勧められるがままにこれを取り付けたんだよなぁ(モニタ前で遠い目・笑)
さて、配線終了。

Dscf0917.jpg






Dscf0916.jpg







コンデンサはSpecialに奢っているorange drop 716Pを剥がして移植しました。


で、音は。。。一皮剥けて大人に元気になったって感じです。
なんか、曇っていて先の方が見えなかったのが、パッと晴れ渡って先が見えたって感じです。
低音~高音までスパッて出てます。


次回はStandardに手を付けます!

続きはtwitterで!





って、twitterなんてやってねぇし(笑)
続きは後日(^_^)ノ


参考HP
宮田工房 → ここをクリック!
バナナムーン → ここをクリック!
忍者ブログ [PR]